kazenotami

アクセスカウンタ

zoom RSS 十割蕎麦かぜのたみ・天山歴史散歩2

<<   作成日時 : 2006/02/22 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮地岳中腹にある「童男艸女」トーナンカンジョ と 小さいときから山に向かって呼ん(読むではありません)でいました。「少年と揚巻髪の女の子」という意味です。これも徐福伝説の一つで、ここに徐福が船を寄せたと伝えられ、別名船繋石(ふなつなぎいわ)といわれる巨岩があります。
お店からは15分〜20分で登ることができます。春うらら、風にふかれ、遠く博多湾、筑後平野、耳納山、背振山を眺めながら「国原はけむりたちたち・・・」と詠むのも一興です。{資料:筑紫野市教育委員会)

画像



童男艸女道標


画像


童男艸女と下ヶ谷池1(宮地岳中腹に見える岩が童男官女)






遥かなる語りを埋め春を待ち(kazenotami)


十割蕎麦かぜのたみ
福岡県筑紫野市天山537
092−926-5998
平日 11:30〜15:30
土日祝 11:30〜13:30、15:30〜21:00(20:00 O.S)
定休日 火曜 祭日は営業

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十割蕎麦かぜのたみ・天山歴史散歩2 kazenotami/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる