kazenotami

アクセスカウンタ

zoom RSS 十割蕎麦かぜのたみ:天山歴史散歩8

<<   作成日時 : 2006/04/23 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日田・朝倉街道と長崎街道:山家の宿は江戸時代、交通の結節点。「十割蕎麦かぜのたみ」の前の道も多くの人が通りすぎていたわけです。少しゆるい上り坂ですから牛馬に鞭をかけるためにここらは「鞭掛け」とも呼ばれていました。

画像



童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)から見た天山・十割蕎麦かぜのたみ:右から左に走る日田・朝倉街道。左に行けば長崎街道山家の宿


画像



童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)から向こうに博多湾・福岡市

画像


童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)から四王寺・太宰府


画像



童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)


画像



童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)


画像



童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)のろし台跡


画像




天山(鞭掛け)上り口:ここからゆるい勾配です。


画像



天山(鞭掛け)上り切り:坂を上りながらの約400メートルが天山です。




画像



画像



郡境碑:ここで夜須郡(現筑前町)と御笠郡(現筑紫野市)とに分かれています。地名は2地域ということで二(ふた)となっています。しかし、ここ二は夜須郡の飛び地で200メートルほど行くとまた御笠郡となります。

画像



日田・朝倉街道と長崎街道の交差点:向こう側が天山。左右が長崎街道で右に行けば冷や水峠。左は原田宿。写真の右に山家宿番所跡の碑


画像




山家宿番所跡



画像




右に行けば秋月・甘木。向こうに行けば冷や水峠



画像




大又の踏み切り:JR筑豊本線踏み切りを渡ればまた夜須郡。左に約200メートルで山家駅


画像



JR山家駅


画像



山家大庄屋跡



画像


画像



山家の宿*筑紫野市教育委員会資料


画像



画像




童男艸女(どうなんかんじょ)船繋石(ふなつぎいわ)*筑紫野市教育委員会資料


画像


画像






のろし台*筑紫野市教育委員会資料


画像



今日は山形の酒「住吉」と蕎麦掻き揚げ。また昼間から呑みすぎです。




雲に乗る菩薩の像や風かをる(紀明)



「十割蕎麦かぜのたみ」

住所:福岡県筑紫野市天山537
電話:092−926−5998
営業時間:11:30〜15:30  17:30〜21:00
定休日  :火曜・水曜 *祝・祭日は営業

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十割蕎麦かぜのたみ:天山歴史散歩8 kazenotami/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる